Top   About   Works   Flow&Price   FAQ   Blog  




FAQ 10の質問


Q1.佐竹勝郎建築設計事務所ってどんな仕事をするところなんですか?
A: 住宅や店舗の設計をしています。業務は大きく2つあります。設計業務と工事監理業務です。

● 設計業務
<基本計画>
・ご相談を受けた内容を、手描きのプラン、手描きのパース等でご提案いたします。
・敷地の調査、資金計画、土地探しのアドバイス、法的な条件の整理をいたします。
<基本設計>
・平面図、立面図、断面図、模型、CG等で住まいの形をきめていきます。
・設備機器の選定、建材の選定、家具のレイアウトなどをきめていきます。
<実施設計>
・実際の工事で使用する詳細な図面を作成していきます。
・作成した図面をもとに施工会社へ見積りを依頼します。条件の合う施工会社を選定いたします。
・構造設計、設備設計、行政への各種申請、建築確認申請も並行ですすめてまいります。

●工事監理業務
・工事が着工すると定期的に現場に赴き、設計図どおりに工事が進んでいるか監理・検査します。ハウスメーカー、大手工務店のように設計と施工を一貫している形態の場合、工事監理は自社で行います。しかしそんな仲間内での監理は、厳正な監理とは言いがたいと私は思うのです。監理には客観的な視点が必要です。当事務所は第三者の目としてしっかりと厳格な監理を行います。自分自身の設計に誇りをもち、それが形になるわけですので当然のことです。

当事務所だからできること。
図面のすべてを描き、現場監理のすべてを一級建築士である私ひとりでこなしています。職人のようにコツコツと時間をかけて丁寧に仕事をしています。組織事務所のように経験の浅いスタッフや無資格者に任せることはいっさいありません。お客さまとの一対一の関係なので、情報共有にズレもなくご要望どおりの建物を完成させることができます。当然ながら人件費等の経費も小さいことから設計料金はお安くさせていただいております。最初のご提案は無料になります。ご好評いただいております手描きのプラン、スケッチ、パースにてご提案させていただいております。




Q2.どんな建物を設計しているのですか? なにか特徴はあるの?
A: 住宅、店舗が中心です。

当事務所では、住宅でも店舗でも、なにげない日常を安心してすごせるように、「シンプルで飽きのこないもの」、「ごくあたりまえのもの」、「長く使うほど良くなり成熟していく自然素材」をテーマに設計することを心がけております。見た目だけの装飾的なデザインではなく、お手入れをしながら末永く付き合っていけるもの。それは手触りの良い器や洋服に触れた時の、ずっとつかっていきたい、育てていきたい、と思う感覚に似ているかもしれません。




Q3.リフォームやリノベーションを考えているのですが、できますか?
A: もちろん承ります。

リフォームは現状の回復。リノベーションは現状よりも更なる価値を生み出し再生させることです。新築よりも昨今はニーズが高まってきています。当事務所では、下記の設計を承っております。

戸建住宅のリノベ。
たとえば築40年程度の木造住宅を大規模にリノベーションする場合は、旧耐震基準であるために耐震改修も同時に行う必要があります。当事務所では耐震診断を行い、適切な耐震補強を施した設計を行います。このプロセスは非常に重要ですので、一級建築士などの建築の専門家が行う必要があります。リフォーム業界というのは、建築確認申請を伴わない分、なかば素人の無資格者も多く携わっている業界です。表面的なリフォームはそれで良いかもしれませんが、構造に関わる大規模なリノベーションはやはり設計事務所にご依頼ください。施工会社は当事務所が条件に合わせて選定いたします。 参考事例:秋田の平屋

マンションのリノベ。
マンションのリノベは内部を解体してスケルトン状態にし、そこから新たにライフスタイルに合わせた間取りを造りこんでいきます。中古マンションを購入してリノベする。今お住まいのマンションをリノベする。どちらかの選択かと思います。昨今はワンストップ型と言って、不動産探しから設計、施工まですべてのサービスを一貫して行う業者も増えてきました。まさに誰でもできてしまう時代です。当事務所が行うリノベは、建築士として調査と検査を徹底して進めてまいります。どちらかというとデザインや装飾的なことよりも性能面、快適性を重視するリノベです。水漏れ等のトラブルがないように給排水配管を十分に検討し後のメンテナンスのことまでしっかり考え設計する、末永く気持ちよく暮らせるように手触りの良い自然素材を使うことなどです。どれもあたりまえのことですが、あたりまえのことこそ大切に、そしてしっかりと考えていきたいと思うのです。

リノベーションは事前調査が重要です。物件探しの段階でご相談いただければ可能性も広がるかと思います。リノベーションしやすい物件かどうか、ご購入前に同行視察することも承ります。建築士の視点でアドバイスさせていただければと思います。




Q4.設計料はどれくらいかかりますか?
A: 新築の場合は総工事費の8〜10%とお考えください。

ご予算の都合などお客様のご事情に応じて臨機応変に対応させていただいております。詳しくはプライスリストをご参照ください。




Q5.設計事務所に依頼するのは工務店、メーカーに頼むのとどう違うの?
A: それぞれに良さはあります。結局は相性なんだと思います。

それぞれの違い。
設計事務所に頼むのは、オーダーメイドの服を作るようなものです。ご自身、家族にぴったりとあった気持ちの良いものができあがります。工務店に頼むのは、どちらかと言うと型が決まっていて、定番なものになりがちですが、それ故に経験に基づいた良質な建物が期待出来ます。メーカーに頼むのは、モデルルームなどを見て、予めイメージを持つことが出来ますので、確実で現実的な家づくりと言えます。

コストは?。
コスト面では、設計事務所は設計料の分コストがかかり高いと思われがちですが、それは大きな誤解です。すべて一社で完結するワンストップ型と呼ばれる形態や、大手工務店、ハウスメーカーなども見積書に記載はありませんが設計料は必ず発生しています。さらに広告費、営業費など、大きな諸経費も発生しています。組織が大きくなれば、建設に直結しない間接的に関わる人が増え、当然ながら人件費も大きくなります。余計な人件費をカットして、純粋にモノづくりだけのプロ集団を求めるならば、設計は設計事務所に依頼する、施工は中小規模の地元の工務店に依頼する。それらがもっともリーズナブルな組み合わせと考えられます。当事務所は個人事務所ですので、諸経費が小さい分ほかの事務所より設計料はお安くさせていただいております。

おすすめなのは。
家づくりはとても長い時間を要します。大切な時間を共有するためには、やはり相性のよい専門家と出会い進めていくことが大切です。昔から「モチはモチ屋で」というように設計は設計事務所、施工は工務店というように、それぞれの専門店にお願いするのが良いです。八百屋さんの顔、魚屋さんの顔のように、携わる人の顔がしっかりと見えてきます。分離発注ではありますが、プロジェクトを統括(窓口)するのは設計事務所です。窓口がバラバラになることはありませんのでご安心ください。また、当事務所では工務店をご紹介することもできます。




Q6.店(カフェ、飲食店等)をはじめようと思うのですが、相談できますか?
A: もちろん承ります。

お店をはじめたいけど、何からはじめていいかわからない・・・。お店のイメージはなんとなく固まっているけど、上手く言葉にできない・・・。そんなお悩みをかかえているオーナー様、まずは当事務所にご相談ください。当事務所はCORB(コルブ)というパンと焼菓子のお店をアトリエとして使っています。内装は私がセルフビルドでコツコツと手造りしました。もしかしたら、これからはじめるお店づくりのヒントになるかもしれません。また、私は学生時代、相当数の飲食店で料理人を経験しておりますので、使い勝手の良い厨房計画には自信をもっております。




Q7.予算はあまりありません。ローコスト住宅も設計できますか?
A: もちろん承ります。

高級な材料を使えば美味しい料理はできます。安価な材料でも良質かつ工夫次第で美味しい料理はできます。「良いもの」とは、費用と工夫のバランス感覚です。お金をかけることが全てではありません。予算が少ないほうがシンプルで「良いもの」になる可能性も十分あります。




Q8.土地を購入し家を建てるためには、まず何からはじめたらいいですか?
A: まずは不動産屋さんにご相談ください。

立地、広さ、予算、建物が建ったときのイメージ。ライフスタイルに合った土地を探すのは容易なことではありません。例えば場所は良いけど、ものすごく小さい狭小敷地であったり、傾斜地であったり。しかし、設計事務所にとってそういった難ありの敷地はむしろやりがいがあり、腕の見せ所でもあります。不動産屋さんで面白そうな物件が見つかりましたら合わせて当事務所にも是非ご相談ください。良い方法をご提案致します。




Q9.遠隔地なのですが大丈夫ですか?
A: 全国各地お伺いいたします。

ネット環境の整った現代ですので、距離感は全く問題なく仕事をさせて頂いております。遠くのお客様も大歓迎です。当事務所にお声掛けくださることを楽しみにしております。




Q10.相談料などは発生しますか?
A: ご相談から構想まではすべて無償です。

出張でのご相談も承っております。







お問合せ:佐竹勝郎建築設計事務所 〒112-0002 東京都文京区小石川2-3-24 CORB
住まいのこと、お店づくりのこと、小さなことからお気軽にご相談ください。
mail: satakearchi@gmail.com

copy right (C) Katsuro Satake Architects  all rights reserved  since 2008